清潔な口内環境を目指そう

口内に虫歯菌が残っていると、虫歯になってしまいます。 特に活発に虫歯菌が動くのは夜なので、その時間帯にブラッシングを行ってください。 奥歯や歯の裏側は磨きにくいですが、時間を掛けて丁寧に汚れを落としましょう。 すると1日1回でも、虫歯を発症しにくくなります。

マウスウォッシュで口をゆすごう

例えブラッシングができない状態でも、口をゆすぐ行為だけは行ってください。 それでも、虫歯予防に十分効果を発揮できます。 おすすめなのはマウスウォッシュを使うことなので、常に用意しておきましょう。 出かける時もマウスウォッシュを持っていれば、安心できます。

人間が本来持っている力

誰でも人間の口内では、唾液が分泌されています。 しかし分泌量は個人差があり、虫歯になりにくい人は唾液がかなり多く分泌されているようです。 今は唾液の分泌量が少ない人でも、努力すれば増やすことができます。 どこに注意して、日常生活を過ごせば良いのか調べましょう。

夜の歯磨きが重要

基本的にブラッシングは、1日3回の食事の後に行うのが良いと言われています。
しかし忙しくて、なかなかブラッシングができず、1日1回になってしまう人が見られます。
それでも虫歯にならない人は、どのような対策をしているのか調べましょう。
まず、1回のブラッシングを念入りに行っている傾向が見られます。
隅々まで磨き、奥歯や歯の裏側、歯と歯の間の汚れも落としています。
特に夜の歯磨きを念入りに行うと虫歯菌の繁殖を抑え、虫歯のリスクが低下します。

またブラッシングができなくても、マウスウォッシュで口をゆすぐ対策を行っているようです。
それなら数秒で済みますし、口内を清潔な状態に維持できるので虫歯予防に繋がります。
ブラッシングができない人も、常に自分のそばにマウスウォッシュを用意してください。
フッ素が含まれているマウスウォッシュを使い、歯をコーティングするのがおすすめです。

さらに唾液をたくさん分泌していることが、虫歯にならない理由かもしれません。
口内でたくさん唾液が分泌されていると、口内のバイ菌を除去したり、殺菌できたりします。
ですから虫歯にならないためには、唾液をたくさん出してください。
そのためには食べ物をよく噛んだり、ストレスを解消したり、こまめに水分を補給したりするのが良い方法です。
口内が乾いてネバネバしている時は、唾液の分泌量が減っていると判断できます。
すると、虫歯のリスクが高まるので気を付けましょう。